記事の詳細

富士スピードウェイでは、11月10日(日)に、レースでもなく、走行会でもない、全てのクルマ好き・クルマファンが集うイベントとして生まれ変わる、“TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2013”を開催する。

イベントでは、トヨタとレクサスのレーシングドライバー、そして最新のレーシングカーからヒストリックレーシングカーが一堂に集結し、クルマ好きの方とプロドライバーが共に楽しめる各種プログラムを用意。

体感コンテンツとしては、コースを走るニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車両やインタープロト車両を乗車したバスから間近に見ることができるサーキットサファリに加え、レーシングドライバーが運転するレーシングカーの助手席に同乗するレーシングカー同乗体験や、オフロードコースをドリフトしながら走行するラリー車両に同乗するコ・ドライバー体験等といった数多くのプログラムを予定。

また、子供向けのコンテンツでは、普段入れない場内施設を見学できるキッズ見学ツアーや、アナウンサー・メディア記者などを模擬体験できるサーキットお仕事体験、世界有数のスーパーカーに同乗して走行を体験できるスーパーカー同乗体験などが豊富に用意されている。

さらに、一般公募により集められた日本中の 86 / BRZ が集結し、レーシングコースをパレードして記録に挑戦する世界最大級の86/BRZパレード(先着順にて当日受付、定員に達し次第受付終了)や、2014年度のスーパーGT500 LEXUS Racingチーム新型車両であるLF-CCのお披露目走行が実施される。

入場料は無料、(別途、当日駐車料金:4輪1,500円・2輪750円/一部有料参加プログラムあり)前売駐車券は1500円で、全国のローソン、ミニストップにて前売販売中。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る